レトルト食品の利便性をまとめた生活支援サイト

この記事をシェアする

食品市場の需要の変化に伴うレトルト食品へのニーズの変化

レトルト食品の利便性

パウチごと熱湯で温めたり、耐熱容器あるいは陶器に中身を移して電子レンジ加熱したりするだけで簡単に食べることができるレトルト食品は、ガスや電気・水道といったライフラインさえ整っていれば、調理の手間をかけることなく容易に食べることができる利便性に優れた食品で、電子レンジ調理ならコンロを使う必要すらなく、出火や火傷の心配なく調理済み食品を食べることも可能であるなど、電子レンジを問題なく扱える年齢のこどもや調理に不安を覚える高齢者の方にとっても心強い味方となります。

レトルト食品の普及は日本においても進んでおり、実際、レトルト食品を一切口にした経験がないという方は稀でしょうし、その利便性は折り紙付きでしょう。

もうレトルト食品がまずい時代は終わり?

レトルト食品の普及が進む一方で、一部高齢者の方を中心としてレトルト食品に対するイメージが悪く、レトルト食品を敬遠されている方も少なからずおられますが、これは最初期のレトルト食品が製造技術の未熟さゆえにパウチ等からレトルト食品へのにおい移りを抑制できず、そのにおいをごまかすためにレトルト食品に添加される添加物や調味料が過剰だった時代のレトルト食品を食べた実体験に基づいていることが多く、実際に食べた方や実体験を聞いて育った方などは、レトルト食品はまずいと印象づけられているでしょう。

仮にレトルト食品への嫌悪がパウチ等のにおい移りに起因するのであれば、現在のレトルト食品にはほとんどあてはまりませんし、必然的に添加物や調味料によるごまかしも必要なくなっているため、レトルト食品の黎明期に比べて味は飛躍的に進歩しており、よほどの粗悪品や国外品を除き、レトルト食品は一定以上の味を保持するに至っています。



PAGE
TOP