通販で人気のレトルト食品

レトルト食品の利便性をまとめた生活支援サイト

食品市場の需要の変化に伴うレトルト食品へのニーズの変化

黎明期におけるレトルト食品は、味よりも利便性を前面に押し出した食品であり、お湯だけで簡単に調理可能な利便性が強みでしたが、レトルト食品の加工技術が高まると共に、利便性だけでなく一定以上の味も兼ね備えたレトルト食品が現れ、食品市場に浸透していきました。

味と利便性を兼ね備えたレトルト食品の出現

共働き世帯や、女性の社会進出による未婚化・晩婚化を一因とした単身世帯の増加によって、食品市場における需要にも変化が見られ、レトルト食品や冷凍食品、即席麺といった食品類は全般的に需要が増加傾向にあることに加え、日常的に使用を継続することを念頭に置いての健康志向のレトルト食品・冷凍食品・即席食品へのニーズが高まっており、食品市場では手軽さと栄養バランスを両立した商品を求められています。

以前ならレトルト食品類への依存がここまで高まることはなかったのでしょうが、共働き世帯及び単身世帯の増加や個人主義の浸透に従って、効率性や個々人のライフスタイルが重視されるようになり始めた昨今にあっては、多少値が張っても時短と健康を両立できるレトルト食品類や、レトルト食品類に不足しがちな栄養を補う食品をあわせて食べるなどすることで、食費の抑制と健康の両立を図るといった具合に、食事に対してもコストパフォーマンスが求められるようになったことから、レトルト食品類へのニーズは今後も高まっていく可能性が高いのではないでしょうか。

このようなニーズの変化は、共働き世帯の増加や単身世帯の増加によるもので、今後当分は解消される見込みも薄いことを踏まえれば、ある種当然のものとも考えられ、世帯状況の変化が、そのまま食品市場への需要の変化に直結していると言い換えることができ、レトルト食品類にはこれらのニーズに対応するに足るポテンシャルがあると食品業界では考えているようです。

レトルト食品の美味しさとコストの低さは人気の主軸

近年のレトルト食品人気を占めるファクターである味とコストの低さこそ、レトルト食品の強みであり持ち味ですが、加工技術の全体的な向上もあって、味に関してはレストランのような専門店との提携によるブランド化の形をとった高級路線も評価を得ているようです。

非常食としても機能することもレトルト人気につながる

災害時の非常食の重要性が周知されて久しい昨今、非常食自体の味や品質も向上しているため、非常食を食べてまずい思いをすることは少なくなっていますが、バリエーションに関しては限界があるため、安全性で大差なく保存性の高いレトルト食品が非常食の代替品として人気を集めています。


PAGE
TOP